​YASU海の駅クラブ とは

高知県の中東部に位置する香南市夜須町は、温暖な気候のもとマリンスポーツ競技ができる施設が備わっております。2002年夏のよさこい高知国体では、セーリング(ヨット、ボードセーリング)競技の開催場所にもなり全国から多くの選手達が参加し、レベルの高い白熱したレースに多くの人々が魅了されました。
 

私たちは、現在この設備の整った施設を中心に盛り上がりをみせた人々が、地域の人達と協力をとりながら、マリンスポーツの普及、青少年の教育、環境、まちづくり等について活動を展開していますが、自発的な善意あふれる会員の努力により、どうにか運営を維持しているのが実状です。


私たちは、様々な分野の団体とお互いに組織運営の方法を学びあい、協力、相助け合って、それぞれの活動がさらに発展し、県民活動へと広がりをみせるように情報を公開し、行政、企業の手の届きにくい場面で住民と結びつけ、柔軟な対応ができるように、ネットワークを組みます。そして県民活動の促進を支援する事業を行い、雇用を創出し、魅力ある地域を創造するために、「特定非営利活動法人 YASU海の駅クラブ」を設立いたしました。
 

私たちは、当法人がマリンスポーツや豊かな自然を活用し、子どもから高齢者、障害者までも含めた、幅広い年齢層に自然と共生することの意味を認知していただき、お金ではないゆとりのある生活のために、幅広い活動を行いたいと思っております。私たちは、当法人が住民力を生かして、県民の自発的な公益性の高い活動が自立する社会に寄与し、未来に向けて新しい扉を開きたいと思っております。

​沿革

平成16年1月25日

(仮称)こうちマリンスポーツクラブとして有志による会員の公募を行う。

平成16年4月4日

マリンスポーツ愛好家、まちづくり活動家、協力団体、育成団体等夜須町内外の人達(会員数41名)によるNPO法人化を目指した任意団体『YASU海の駅クラブ』を発足。

平成16年6月5日

会員33名の出席者により任意団体『YASU海の駅クラブ』の設立総会を開催し、NPO法人化に向けての審議を行った。

平成16年9月24日

県内で120番目のNPO法人として認証された。

平成17年

夜須町マリンスポーツ施設(シースポ)の指定管理者として施設の管理・運営を行う。第3回全国中学校ヨット選手権大会の開催に協力する。

平成18年3月

夜須町が近隣5か町村と合併して香南市となる。ひきつづき香南市マリンスポーツ施設の管理・運営を担う。3ヵ年中期計画策定。

平成19年度

専門指導員を雇用。香南市マリンスポーツ振興計画策定に協力。

平成20年度

香南市マリンスポーツ振興計画に基づき、施設内にマリンスポーツセンターが建つ。

平成21年度

マリンスポーツセンターを含めた香南市マリンスポーツ施設の管理・運営を行う。香南市より委託されマリンスポーツ振興事業に助力。

平成22年

マリンスポーツセンターを含めた香南市マリンスポーツ施設の管理・運営を行う。香南市より委託されマリンスポーツ振興事業に助力。 現在 マリンスポーツ事業への参加者増、精力的に活動中。